About tete

「革継ぎ」ということ

一度製品になった革・長年保管されていた革など、すでに世に溢れる本革に、「革継ぎ」により新たな命を吹き込むアップサイクルのプロダクトを展開しています。
これ以上新しい革を生み出さないものづくりによって自然と共存できるブランドを目指します。

teteはフランス語で頭(かしら)を意味し、ロゴには「teとteの間にある想像の余白」をイメージして手と頭を使ってモノづくりをするという思いを込めています。



For tete bag designer Sawako Furuta creates “ethical wallets” - each item uniquely handcrafted utilizing long-stored leather or manufacturing off-cuts.

Breathing new life into leather which was to be thrown away through splicing techniques and avoiding further production of leather, we aim to coexist with nature.


ー ブランド略歴 ー

2013年「美味しいかたち」をコンセプトに誰もが知っていて親しみが湧き、温かい気持ちになれる食べ物の形をイメージした革バッグを発表し、その後バングラデシュでの生産を経験しました。


2023年 大量生産の一端を学んだことやコロナ禍を経て、生産することに対する「より良い豊かなくらし」への思いが募り、アップサイクル商品の展開でブランドを
再スタートしました。

2013年 「美味しいかたち」 collection

2016年 「袋果」 collection

2022年 Upcycle collection

革継師

古田 佐和子
Furuta Sawako


1982年生まれ。桑沢デザイン研究所プロダクト科卒業。バッグメーカー勤務後、2013年台東デザイナーズビレッジ入居をきっかけにバッグブランド「tete」を設立。2014年より単身バングラデシュでの生産を開始しデザインから輸入卸をすべて一人で行い、年間15回、全国の百貨店でポップアップを中心にオリジナルデザインのバッグを販売。出産を機に2021年、フレンチシェフの夫とカジュアルフレンチとバッグのお店「tete cafe」をオープン。バングラデシュでの生産とパンデミクスをきっかけに「革継師」という肩書きで、新しい革を使わず既に世に出ている革の継ぎ接ぎでものづくりする、シンプルなものづくり活動でブランドを再開。


Born in 1982. Graduated from Kuwasawa Design Institute Product Department.

After working for a bag manufacturer, I moved into Taito Designers Village in 2013 and established the bag brand "tete".
In 2014, I started production in Bangladesh by myself, handling everything from design to import and wholesale, and sells bags with original designs 15 times a year, mainly at pop-up events at department stores across the country.

In 2021, after giving birth, we opened "tete cafe'', a casual French and bag shop, with my French chef husband.

In addition to producing in Bangladesh, in the wake of the pandemic, I have resumed making a leather goods with the title of "Kawatsugi (leather joiner)" making products by patching together leather that is already available in the world without using new leather.

New collection